まほさくSP配置と新刊について

11月4日 魔法少女本作製計画SP-まほさく-in名古屋熱田同人祭2018秋(URL)

配置:名深03

まほさくSPの配置が出ました。ヘイヴンゲームスは「名深03」に配置されています。イベントには新刊小説と既刊小説を持ち込みます。どちらも魔法少女育成計画の長編二次創作小説となります。

 

今回もキャラクターデザインとイラストは孝至さんにお願いしております。前回のオリジナル魔法少女クラックチェイスに続く、素晴らしいデザインいただけました!

この部分がすごい!(アピールポイント)

プフレとシャドウゲールの過去話! 2人が力を合わせて(半ば無理矢理)戦う命がけの選抜試験は曲者ぞろい! 金属の形状を操る錬鉄虎、逃げ足の早いイス、重力使いのアイロンゴート、自信家マリィローズ水面走りのセツ、未来予知ができるアモルファス……様々な魔法少女たちをあるときは正面から、またあるときは謀殺するフィジカル&メンタルの大サバイバルが幕を開けます。

新刊『Maze's End』

A5サイズ102ページ(本文2段組)

頒布価格:1,000円

あらすじ

プフレとシャドウゲールが挑んだ魔法少女選抜試験。2人にとって縁遠い街で繰り広げられた死の陣取りゲーム凄惨な道を辿っていた。生き残るために姦計をめぐらすプフレと、生き残るために他人を害さなければならないことに苦悩するシャドウゲールは対照的ながらも協力して難局を乗り切る。そこで出会った数々の魔法少女たちの中には、以後のプフレにとっても最凶最悪と断言できる相手がいた。その魔法少女の名前はメイズエンド

これは、電子妖精の記憶にも魔法の国の記録にも残らなかったとある少女の末路の物語である……

既刊『Through the Bleach』

A5サイズ128ページ(本文2段組) DL版販売中(URL)

頒布価格:1,000円

あらすじ

正体不明の魔法少女クラックチェイスの手によってTRPGの世界へ閉じ込められてしまったラ・ピュセルは元の世界へ帰還するためのゲームに身を投じることになる。

国王軍に所属する魔法少女として攫われた『白く美しき姫君』を奪還しようとするも、魔王城までの道のりは遠く、行く手を数多のモンスターが阻む。さらに参加者である名深市の魔法少女たちは各々が思うように行動し、クラックチェイスのシナリオから外れたゲームは次第に暴走していくのであった。

果たしてラ・ピュセルは無事に元の世界に戻れるのか?

行方の分からないスノーホワイトはどこにいるのか?

『裂け目』を追う者たちの物語がここに始まる……

お詫び

小説の表紙を使ったカードゲーム用プレイマットの制作を予告しておりましたが、印刷の諸事情により今回のイベント(まほさくSP)では頒布できなくなりました。楽しみにしていた方にお詫び申し上げます。